しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 来年は彼の年 | main | 話し合いましょうよ >>
まだまだどきどき一年生

久保さん、皆さん、おはようございます。

雨の朝です。

 

阪神淡路大震災から23年です。

私は地震のあった前日に大阪から横浜に戻ってしまったので、揺れを体験しておりません。大学の公衆電話の長い列に並び、実家に電話をかけるも繋がらず、関西出身の人たちと「やっぱ繋がんないよね」「繋がんないね」と話していたのを覚えています。

地震に備えて、我が家では高いところには絶対に物をおかないようにしているのですが、備蓄や非常持ち出し袋についてはまだ中途半場な感じなので、今日きちんと確認しておこうと思います。図書室でも防災特集を組む予定で、すでに本を集めてあるので、まず私が勉強しておかなくちゃいけない。

それにしても私の実家も夫の実家も高いところにたくさん物があり心配でなりません。夫の実家は行くたびに台所など整理させてもらっているのですが、次行った時にはまた新たなものが上へ上へと積み上げられているので、あまり意味がないかなと思いつつ、でも危ないからなあと、行くたびに少しずつ片付けさせてもらっています。

 

3学期が始まり、中学校ではもう本格的な受験シーズンですから、3年生の先生方は大忙しな様子で、しかも間違いがあってはならないお仕事も多いのでしょう、ものすごい緊張感が漂っており話しかけるのにも勇気がいります。こんな時に私が「○○さんへ 予約の本が届いています」とか、「買い出しで選んだ本を借りられます」とかいう呑気なメモを先生の机にそっと置いておいても、生徒には届かないことが多く、3学期の3年生に用があったら直接会いに行かなきゃだめなんだな、というのが最近わかってきました。

 

こういう、季節ごとの学校の空気みたいなのは、一年やってみないと掴めないことなので、色々失敗しても今年は仕方ないと思いつつ、春からずっと緊張が続いています。毎回毎回、仕事に行く前に自分を奮い立たせている。学校に着いたら時計をちらちら見ながら全力疾走。殺気立ってはいけない、とこないだ書いたばかりですが、ついつい殺気立ってしまう。殺気立つと生徒とのコミュニケーションに失敗する。質問してきたことにちゃんと答えてあげられず、あーしまったなと後悔してあとで謝ったりすることになる。

落ち着かないといけない。深呼吸して。

ということで、今、片山洋次郎さんの『生き抜くための整体』という本を読んでいます。これ中学生向けの本なのですが、大人が読んでもじゅうぶん面白くて役立ちます。「整体ってなんであやしい感じがするの?」という話からはじまって、胸やお腹のはたらき、人との適度な距離の取り方、良い集中のしかた、など、なるほどと思うことがたくさん詰まっています。中学生がなぜ「こっくりさん」や「気絶遊び」、「いじめ」にはまっていくのか、という仕組みについても書かれています。私は仕事での緊張に加え、ここ最近は人付き合いでの緊張や不安も多く、ちょっと疲れていたので、これを読んでうまく脱力できたらなあと思っています。身体をほぐす具体的なやり方ももちろん載っています。

 

ほかに読んでいるのは、佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』です。仕事上「読んでおかなければいけない」という本ですがスイスイと気持ちよく読めます。ほかにも「読んでおかなければいけない」本が山ほどあります。好きか嫌いかは関係なくとにかく読むのだ、という仕事が課せられる人生とは幸せなことですね。

あとは『教科書で読む名作 夏の花ほか 戦争文学』と『チボー家の人々』を並行して読んでいます。

そうそう、芥川賞・直木賞の受賞作品『おらおらでひとりいぐも』と『銀河鉄道の父』はすでに図書室に入れており、こういうのがタイミング的にうまくいく(みんなが気になっている時に図書室に入れられる)とほっとします。

あと、1年生の前で大オススメした『マーヤの自分改造計画』が繰り返し借りられて行くのも嬉しく、先生にオススメした『旅をする木』について「読み終えるのがもったいなくて」と感想をいただいたことも嬉しく、緊張するけどいい仕事だなと思います。大先輩のCさんが、「やればやるほど良い仕事よ」とおっしゃっていたのがよくわかります。

 

さあ、大学の勉強をしなくては。その良い仕事を今後も続けられるように。

いや、その前に今日は防災チェックだった。どちらも頑張る。

 

皆様もよい一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE