しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 今年も一年ありがとう | main | まだまだどきどき一年生 >>
来年は彼の年

久保さん、皆さん、おはようございます。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

息子の忘れ物を駅まで届けに走って、もうへとへとです。

忘れ物してもなんとかなるよと思うけど、ちょっと今日のものは、学校で「あ、忘れた」と気づけばよいのですが、もし電車の中で「あ、忘れた」と気づいてしまったらきっと息子はパニックを起こして引き返したりするだろうというレベルのものだったので、仕方なく全速力で追いかけたのです。

その前から「今日はいつもの電車に間に合わない」と息子は軽くパニックを起こしていたので、大丈夫次の電車でも絶対間に合うから歩いて行きなさいと私が言ったら「わかったよあーちゃん、小走りで行くよ」と言っていたのに、やっぱり息子は全速力で走って行ったようで、私はすぐ飛び出したのに全然追いつけず、駅のホームでそわそわと立ってる息子に歩道橋の上から大声で呼びかけてやっとつかまえた、という、そんな朝でした。疲れたよーう。

 

3学期の頭というのは、なんか、ダメなんだな。去年もそうだったけど。ぐずぐず言うんですよ。「布団があたたかいから出たくない」という単純な理由もあるようなんだけど、不安というか、不満というか、そういうのも強くなるのかな。朝は大騒ぎになりますね。そこそこ早く寝かせてはいるんです。もっと早く寝かせればすっきり起きられるかといったらそんなことはないんじゃないかと思う。なにかがいや、なんだかいや、って感じで、ぐずぐず言ってる。「うるさーい!黙って支度しなさい!」と言うともっとうるさくなる。はあ…。

 

てな話を、今日は個人懇談なので先生に話してこよう。

前の学校では懇談というと15分程度でしたが、今度の学校ではひとりの子供につき1時間、先生とじっくり話をするのです。特別な事情がない限り両親揃って出かけます。編入する前の面談の時も2時間くらいは話したんじゃないかと思う。「F君の妊娠がわかった時のことからお産の時の様子、それから今までの成長について話してください」と言われてずいぶん色々な話をしました。

学校と家庭とが信頼しあって一体となって子供を育てるためにはこういうことが当然必要なのでしょう。まだ始まったばかりですがこの学校に12年生(一般の高校3年生)まで通わせますのでその間よく話し合っていこうと思っています。

 

年末年始は家族や友人とおいしいものをたくさん作って食べました。

夫の実家ではいただいた大きな鯛を夫がムニエルにしてくれたのが最高においしかったです。鯛ごはんもおいしかった。私の実家では弟が本を片手にすべてを正確に計量して完璧なフライドポテトを作り、その横で私が適当主婦カレーを作りました。そのあとは友人に作り方を教えてもらいながら餃子大会(皮も手作り)、息子のお友達をお迎えして中華大会(夫が唐揚げ、私がワンタン)と続き、最後は「イノシシかかりました」と友人から連絡をもらって今季初のイノシシを捌いて焼肉、と、まあ本当に贅沢な、食いしん坊正月でございました。

その間、2度ほど七草粥も食べましたけどね。息子は学校でも食べて3度。お腹、休めないといけませんからね。

 

イノシシは、友人が山へ引き取りに行ったり洗ったりして全部お膳立てしてくれたところを、包丁片手に捌かせてもらうだけなので、丸ごと引き受けていないというか、責任持ってない感じが申し訳ないのですけど(皮の後処理とか骨の後処理とか)、でも、途中こうして関わらせてもらうだけでも本当にありがたく、言葉にならない色々なことを感じます。

うちの息子は暖かい部屋の中で遊んでるだけでしたが、他の子達はちょこちょこと出て来て手伝ってくれて、その中で、「みんなが怖い話してるから逃げて来た」と行って外に出て来たYちゃんが、でもイノシシの姿も怖いと言って覗き見ながら、「そういうこと好きなの?」と私に訊くので「うん、好きなの」とこたえました。そう、好きなの、おばちゃんはこういうことするのが。どうしてだかわからないけど。「怖くないの?」と訊くので「怖くないよ」とこたえました。

そして今回も「上手い」という言葉に乗せられいい気になって頭部全体の皮を剥いだり(なかなか難しかった)、肉を部位ごとに分けたりしました。そして「あ、お魚と同じだな」とか、「脊椎動物はみんな同じなんだな」と思ったりしました。

 

だからといって、ただ動物を殺して解体したいのかというと、そうではなくて、「食べる」っていう行為の前に当然あるべきことをやれることが喜びなのであって、「食べる」がその先にあるから肉を分けながら興奮するわけです。なんでこういうのを「怖い」と思う人がいるんだろう、と不思議に思う時、じゃあなぜ私は「怖い」と思わないのかと考えてみると、食べるためにこうしているからなんだよ。みんな肉も魚も食べてるじゃないか。こういうのを「怖い」と思うなら切り身になってる肉なんか見たらもっと怖いはずじゃないのかな。ミンチなんかものすごく怖いはずだよね。刃物が当たってる回数で考えたらね。でもみんなそれは平気なんだよね。

とまあ、色々考える。ありがたいことです。

焼肉は美味しかったですよ、もちろん。レバーも美味しかったです。小さな体でも肝臓はとても大きくてびっくりしました。お腹を開けた時の、内臓の収まり方は「すごい」としか言いようがありません。

 

夢中でやってると翌日仕事ができなくなりますので休み休みやらせてもらって、息子も早く寝かせないといけないので2頭目の皮を剥いでいる途中で帰らせてもらいました。貴重な経験をさせてくれる友人に感謝感謝です。そしてもちろんイノシシ君にも感謝感謝です。

 

さあ、今年も元気に頑張ります。年末にも少し書きましたが、準備と後片付けも就業時間内に入れてできる範囲のことをする、というのと、下手でもいいのでやりたいことは何でもやってみる、というのが今年の抱負です。こんな抱負を立てられるのは夫と息子が元気でいてくれるからです。親世代は年齢的に色々ありますので私がしなければならないことももちろんあると思いますが、家の中は皆健康でありがたいことです。

 

駅まで全力疾走した疲れもそろそろ取れてきたので、今日も頑張ります。

皆様もよい一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE