しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< チクチク | main | ふるさと >>
あなたの人生はこれから

久保さん、皆さん、おはようございます。

 

今朝も、冷えますね…。

息子がまだ起きてきません。昨日の夜まぶたが二重になっていたので、ちょっと具合が悪いのかもしれない。ゆっくり寝かしといてあげよう。私が小さかった頃も、体調が悪くなると奥二重のまぶたがくっきり二重になる、ということがあったようですが、あれはなんなのでしょうね。不思議ね。

 

おととい、勤め先の中学の生徒たちと本屋さんへ行ってきました。あらかじめ、「こういう本は避けてね」というのは伝えておいて、学校の図書室にふさわしい本を生徒たちに選んでもらうのです。前回は結構いい本を選んでくれたのですが、今回は「うーん」と悩んでしまう本も何冊かありました。これから先生と相談して、実際に買うか買わないかを決めることになります。

本屋さんの中ではどうしてもみんな文庫本コーナーに群がります。「大きい本は読むのが大変」と思っているのでしょうか。「あっちにも面白そうなのあるよ」と言っても動こうとしません。いつもものすごく大きな荷物で学校に来ますから、本は軽い方がいいと思っているのかもしれません。

 

行きと帰りは3年生のT君と一緒に先頭を歩きました。T君はなんというか…、よく先生に怒られているのですが、素直なところもあってみんなに愛されてもいる、とてもチャーミングな生徒なのです。この日は並んで歩きながら、一年のうちでどの日が好きかとか、お母さんがパートから店長になった話とか、早く結婚して子供が欲しいという話とか、いろいろ話してくれました。

いつもの委員会の仕事はよくサボるし、仕事に来たら来たで「こんな簡単な仕事やりたくない」と文句たらたらなのですが、本は大好きですから、こういう買い出しの時にはちゃんと来るのです。あと、こないだ雪の結晶の切り紙を頼んだ時には、「俺こういうの得意やで」と言ってチョキチョキと、家にまで持って帰って作ってきてくれました。翌日には白と青の雪の結晶をたくさん、図書室の窓に貼ることができました。しかも全部違う形の結晶です。「早く2月になって受験が終わって欲しい」と話していました。そうだね、早く終わって欲しいね、としか言えず、何にも励ましの言葉が見つからなかったのですが、彼の口から「通信なんか行ったら人生おしまいや」という言葉が飛び出した時には、「そんなことで人生は終わらない!」と力を込めて伝えました。

 

続きを書いている今は、夕方です。息子はまだちょっと二重まぶたです。でも頑張って今日はマジックの準備をしました。今週末のクリスマス会で披露するのです。うまくいきますように。

 

さあ夕飯の支度です。水曜日は魚料理と決めています。今日は石狩鍋にしよう。

皆様も楽しい夕刻をお過ごしください。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE