しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 一緒に奏でる | main | あなたの人生はこれから >>
チクチク

久保さん、皆さん、こんばんは。

 

今日も、寒かったですね…。

息子は外で紙飛行機を飛ばしていましたが、私は一日家にいました。

 

息子は転校して「毎日夏休みみたーい」と言っていましたが、そのままの気分で冬休みに突入しました。家では紙飛行機作ったり、レゴで独楽を作ったり、ピンホールカメラを作ったり、貯金箱を作ったりしています。友達の誕生日には青いロボットを作ってプレゼントしていました。肩や肘、膝など関節部分がハトメでつながっていて、動かせるようになっていました。昨日からは羊毛フェルトに夢中です。私がただ眺めるために借りて来た羊毛フェルトの本を見て「僕これ作りたい」と言い、チクチクと羊毛に針を刺してプロトケラトプスの頭部やキウイ(鳥のほう)を作っています。「あーちゃんもやりなよ」と言われ私もチャレンジしてみましたが、これ結構刺すのですよ、自分の指を。痛いのなんの。ぶつくさ言いながらテープを指に巻いていたら、「そのうち刺さなくなるよ」と息子に励まされました。

 

私が仕事の日には息子は学童保育に行っています。ありとあらゆる種類の鬼ごっこをしたりボール遊びをしたりしているようです。線路をつなげて遊んでいたら年上の子に「だっせ」と言われたんですって。年上の子が偉ぶっているのはどこも同じです。でも優しくしてくれる時もあるんだよ、と息子は話していました。学童については色々不満を漏らしていますが、そこには「あーちゃんは仕事で僕は置いてかれてつまんなかったんだよ」という気持ちも含まれているように思いますので、話半分に聞いています。

 

転校させてからの意外な変化は息子の体ががっしりしてきたことです。同じ年齢の子の中では小柄な方ですが、腕や足がひょろひょろじゃなくなってきました。外を駆け回っている時間が以前と比べるとかなり長いので、そのせいじゃないかと思います。擦り傷もよく作ってますが良いことです。この間は石けりをしながら学校から帰って来たそうで、階段も一段一段、石を足の間に挟みながら飛んで上がったと話していました。そりゃ頑丈になるよなあ。外で紙飛行機を飛ばしていても、風が吹けば嬉しくてツーステップ、日が差せば嬉しくてツーステップです。

 

昨日図書館へ行った時、入り口ですれ違ったおばあさんが息子を見て、「うわ〜、また来れた〜、よかったな〜」と満面の笑みで話しかけてくれました。息子は「え、なに?」という顔をしていましたが、おばあさんは笑顔のまま「バイバイ」と言って帰って行かれました。

多分ね、おばあさんは、数日前に息子が図書館で私に怒られているのをご覧になったのだと思います。その時私はカンカンに怒っていて、「もう二度と連れてこないよ!」と静かに怒鳴っていましたから、きっと心配されていたのでしょう。それで息子を見て「うわ〜、また来れた〜」と喜んでくださったのでしょう。多分ね。

 

家で今息子と一緒に読んでいるのは『ムーミン谷の彗星』と『雪の女王』です。息子は一時期「僕おはなし好きじゃない、絵本とか図鑑がいい」と言っていた時期がありましたが、今の学校ではクラスの先生も学童の先生も毎日「おはなし」をしてくださるので、家でもまた「おはなしして」と言うようになりました。

 

さあ、寝なければ。来週は私が学期末で大忙しです。

皆様お元気でお過ごしください。おやすみなさい。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE