しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 夏休み | main | 移ってみて思うこと >>
しずかなしずかな

久保さん、皆さん、こんばんは。

 

師走ですね。こまった。もうそんな時期だなんて。

引っ越してひと月。だいぶ段ボール箱はあきました。

でもまだ大学生に戻れてない。こまった。

 

仕事でもこまった出来事があり、鬱々としていたのですが、なんとか山を越え、谷を越え、少し落ち着いてきたところです。中学生はとっても大人な部分ととっても幼稚な部分と両方持っています。そして私は先生ではないのに先生と呼ばれ大人として責任のある言動をしなければならない。たったひとこと、かける言葉を選ぶのにとても悩みます。難しい。

でも色々なケースを経験して学んでいくしかないのでしょう。

 

息子が学校で作った星型のランタンがとても美しくて、こういうものを、生きている間に見ることができて幸せだなとしみじみ思っています。ほぼ毎日火を灯しています。

一年で最も日が短くなるこの季節に、静けさ、とか暗さ、というもののもつ美しさを体験する行事が学校では続きました。ひとりひとりランタンを持ち、みんなで静かに歌を歌いながら暗い森の中に入っていく行事や、針葉樹の枝を並べたスパイラルの中を歩いてりんごに立てたロウソクに火を灯し、またそのスパイラルの道を戻ってくる、という行事。静かな静かな季節のお祭りなのだと思います。ちゃんとした意味はわからないけどとにかく綺麗です。こんな時間がもっと心のなかにたまるようにと、家でもロウソクを使うようになりました。ほんの少しの時間、火を灯して見つめるだけでもいいものです。

 

さあ寝なきゃ。また明日から頑張る。

みなさまおやすみなさい。いい夢を。

 

| 日々 |