しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< わからないことだらけですが | main | かみしめる >>
しみのとし

久保さん、皆さん、こんばんは。

今日、私は43歳になりました。

自分の誕生日がくると、色々な人の誕生日が思い出され、久保さんのしみの日(4月3日)のことも、「あーお祝いできなかった!」と今さら気づき、本当に、ごめんなさい…。

 

今日は日曜日でしたので、比較的ゆっくり過ごすことができましたけれども、午後は大学の試験がありましたので、家族には外出してもらっていました(家のパソコンで受験しました)。

夜は夫がピザを3種焼いてくれました。バジルとベーコン、納豆と玉ねぎ、鮭フレークとネギ。どれもフレッシュトマトとチーズがのっていました。大根サラダも作ってくれました。おいしかった。

本当にありがたいことに、皆様のおかげで43歳まで生きることができました。

祖父はいつも私を抱っこしながら「極楽極楽。俺はもういつ死んでもいい。」と言っていました。そしてある日突然亡くなりました。本当にいつ死んでも周りの人が困らないように、お金のことなど全てわかるように準備を整えてくれていたと聞いています。私も今極楽極楽な毎日ですのでおじいちゃんのように色々整理しておかなければなと思います。ベランダの植木とか、ついつい増やしたくなりますが、私がいなくなったあと処分するのにきっと大変でしょうから、そうじゃんじゃん増やすわけにもいきません。

そうは言ってもまだまだ長生きしたいです。健康には気をつけています。今年は「やること」を減らして、少しぼーっとする時間も持ちたいと思っています。今日は晴れていて、しかも空気が澄んでいたので、山々がとても綺麗に見えました。「雲ひとつないな」と思いながら、少し視線を落としてバラのことを考え、そしてまた空を見ると、いつの間にかひとかたまりの雲がぽっかり浮かんでいて、あれ、さっきまでなかったのに、どっから来たの? と思ったり。そんな時間もある毎日にしたい。

昨日は息子とバターづくりをしました。生クリームを小さな容器に入れて、数分振るだけ。息子が学校で習ってきたんです。できあがったフレッシュバターにレーズンを混ぜて、ロールパンに挟んで食べました。おいしかった。

 

良い本を2冊読みました。アンソニー・ドーアの『すべての見えない光』と、『谷川俊太郎エトセテラリミックス』です。『すべての見えない光』は、読むのに時間がかかりましたけど、いやー、すごいの読んじゃったな、と、しばらく作品の世界から戻ってこられなくなりました。もう一度最初からゆっくり読み直したい。読み直してまた味わい直したい。でも全部は読み直せないので(他にも読まなきゃいけないものがたくさん)、どうしてもというところだけ読み直し、感じ直し、考え直し、また新たな発見をし、と、たくさん楽しみました。楽しむ、という言葉は少し違うかな。暗い時代の、街の匂いまで伝わってくるのだけど、人々の心が美しく、自然も美しく、悲しいけれど救われもする、そんな物語でした。すごいよなあ、これを私より1歳だけ年上の人が書いたなんて。時間に余裕ができたら(そんな日は来るだろうか)きっともう一度全部読み直します。ゆっくりと。

『谷川俊太郎エトセテラリミックス』は、谷川俊太郎さんが細江英公さんや長新太さん、横尾忠則さんらとコラボレーションされている詩集です。赤塚不二夫さんと組んで作られた「自分タチ」が面白くって、家族で大爆笑しました。息子が気に入って「読んで」「読んで」と何度も持って来ます。もう自分で暗唱できるじゃんか、と思うんだけど、「読んで」と持って来ます。世の中には色んな本がありますけれども、寂しくて困った時にはこの一冊があれば大丈夫よ、と思える本です。息子にも、ずっと覚えていてほしいです。

 

先週末、仕事先の生徒たちは中間テストでした。一週間前から部活も休みになり少しピリピリしたムードになってきましたので、「どうぞ息抜きしにきてくださいね」と甘々な文章の新聞を作成し配布したのですけど、あとになって「テスト一週間前から放課後は閉めてください」と言われてしまいました。うむむ。テスト当日ももちろん、閉めなくてはなりませんでした。何人かの生徒が間違って来てくれましたけれども、「今日はやってないよー」と言って帰ってもらわなきゃいけなかった。申し訳ない。もう少し私がしっかり発言できるようになったら、「開けませんか?」と先生方に提案してみましょう。明日はまたほっとした笑顔にたくさん会えることでしょう。

 

そうだ、今日は息子が作った不思議なすごろくもしたのでした。「とくがわいえやす」「ひでよし」「さなだゆきむら」と書かれたところから3人がそれぞれ出発して、相手を飛び越えるとコマがひとつ取れる、みたいな…。「おおさか」と書かれた大阪城もあり。「あ、のぶながも書けばよかったなー、あけちみつひでも…」と息子は話していました。あと、「あーちゃん、第一次世界大戦の第一次は、下水処理場の第一次沈殿物処理場の第一次といっしょ?」という質問もしてきて、いったいどこでそういう言葉を覚えてくるのかと不思議に思いました。

 

さあ寝ないと。明日はまた仕事です。春から月曜日の「すっぴん!」が聴けなくなり残念に思っています。ラジコのようなタイムフリー機能があればいいのになあ…。

それではお休みなさい。皆さま良い夢を。

 

| 日々 |