しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< もう一度最初から | main | クリスマス会 >>
『おいしいコーヒーの真実』
この日の朝はまず選挙の投票をしに行きました。
投票所は近所の自治会館だったのですが、投票紙に記入する場所の個別の囲い(アルミのようなものでできている)の、すぐ目の前にいつもなら候補者名や政党名が書かれた小さな紙が貼ってあるのに、それがなかったので、一瞬焦りました。顔を上げたら壁に大きなものが貼ってありましたが。この投票所ではいつもそういうやりかたをしているのか、なんなのか、わかりませんが、本当に焦りました。誰に投票するか、どこに投票するか決めていても、ちゃんといちいち確認しながら書きたいので。

その後、ブックオフが半額セールをしていたので色々買いました(右の本棚に追加しました)。

まずは『まんげつのよるまでまちなさい』(マーガレット・ワイズ・ブラウン:作、ガース・ウィリアムズ:絵)。


小さなあらいぐまの子が、夜っていったい何だろう、暗いってどのくらい暗いんだろう、見てみたい、外へ出たいとお母さんに言うのですが、「満月の夜まで待ちなさい」と言われ続け、待っているうちに少しずつ成長し、とうとう我慢しきれず「ぼく、夜を見に行ってくるからね」と宣言した時、ちょうど満月の夜になっていて、というお話です。
しみじみ、美しい本だなあと思います。ほかのマーガレット・ワイズ・ブラウンの本同様、途中でお母さんがお月さまを歌った歌を歌うのですが、それがまたいいのだなあ。そしてまた、これも彼女のほかの本に通じることですが、読むのが難しいのです…。ハードル、激高。これまで(今日は1月10日です)何度も読まされていますが、毎回、ラストを読み上げる時には高いところから飛び降りるような気持ちです。ああ。

つづいての絵本は、『かず』(西内久典:文、安野光雅:絵)。


1970年に発行された本だそうです。子供に数の概念を教える本はたくさんあると思うのですが、これはとびきり美しいのでは。


全部のページをご紹介したいくらいです。

『蚤の市』(安野光雅)。


こちらも安野光雅さんの本です。『旅の絵本』シリーズのように、文はなく、びっしりと蚤の市の様子が何ページにもわたって描かれています。それを眺めているだけでとても面白いのですが、この本にはもうひとつ面白いところがあって、それはあとがきに書かれている文と、そのとなりに「この本を買った日」と、日付を書けるようになっているスペースがあることです。
あとがきの最後にはこうあります。
「機械で作ったものを、手作りのように見せようとしても無理ですし、また、新しいものをわざと汚して古く見せようとしても、それはできません。思い出というものを、大急ぎでこしらえることができないようなものです。この本は新しいものですが、きっといつのまにか古くなります。この本の日付けを見てください。これは、1983年の10月に出た本です。あなたがこの本を買った日付けと、何か気のついたことをここに書きとめておいてください。私はこの本が、何十年もたって、もういちど見てもらえる日をまっています。もしかしたらこの本が蚤の市に出るかもしれませんからね。」
となりのページには買った日付けとして「1983.11.19」と誰かの字で書いてありました。そして私はその下に、「2012.12.16」と書きました。我が家に来てくれてありがとう。

『ひとのからだ』(毛利子来:著、帆足次郎:絵)。


あかちゃんに興味津々の息子ですから、きっとこういう本にも食いつくだろうと購入。『育育児典』で知られている毛利子来先生の本で、人の体についてとても優しく、易しく、説明してくださっています。息子、大興奮。帰ってからずっと眺めていました。もちろんこちらは質問攻めです。

『ちびくろ・さんぼ』(ヘレン・バンナーマン:文、フランク・ドビアス:絵)


よく知られている名作ですね。何度読んでも楽しいです。ぐるるるるるるる。

そして、右の本棚には追加できませんでしたが(普通の本屋さんには置いていないのかな)、『子どもたちのアンデルセン』(スベン・オットー:絵)という本も買いました。


『雪の女王』『火打ち箱』『野の白鳥』など16のお話が入っていて、すべてスベン・オットーの美しい挿絵がついています。
表紙をめくるとこんな感じです。


息子はもう少し大きくなってからじゃないと楽しめないかもしれませんが、とにかく私が読みたくて。


と、こんな感じでたくさん買ってきたのですが、半額セールですから、もともと105円の値札がついてるものがさらに半額、という本も何冊かあって、全部で千円ちょっとだったような。でも生涯大切にしたい素敵な本ばかりです。

とにかく息子がえらい食いつきだったのが先ほども書いた『ひとのからだ』で、寝る前には「あーちゃんのおなかは怖いの?」「怖くないよ」「にっこりしてる?」「にっこりしてるよ」「ろっこつは怖い?」「怖くないよ。Fを守ってくれてるのよ。」「ろっこつにはおくちあるの?」「どうだろう、パパー!」「(夫)肋骨には口はないよ」「ろっこつの夢が見たい」「きっと見れるよ」「あーちゃんのお腹の中で、頭が下にあったの?」「そうよ」「ほとけさま(喉仏)はここ?」「そうよ」「ほとけさまにっこりしてる?」「してるんじゃないかな」と、息子は、新しい扉を開けてしまってどうしたらよいかわからない、というような、ちょっと混乱した様子で、涙目になりながら質問を繰り返していました。ちょっと刺激が強すぎたかな。

夜はもちろん選挙の結果をテレビで見ていたのですが、その結果も、報じられ方も、まともに見続けるのはとても辛いと感じたので、「私は日本人でなく地球人としてこれからは生きていこうと思うの」と夫に宣言して、『おいしいコーヒーの真実』というドキュメンタリー映画を観ました。

大部分のコーヒー豆の価格が先進国の大企業によって勝手に決められていること、それによって貧困に苦しむコーヒー農家を助けるために動いている人たちのこと、食料援助を受けないと生き延びることができない人々の暮らし、コーヒー豆より麻薬の原料になる草を栽培した方が高く売れるので、そちらに切り替える農家が増えていること、一方で、異常な盛り上がりを見せるバリスタの世界大会の様子や、自分の仕事について誇らしげに語るスターバックスの店長など、様々なことが映し出されていて、とても、考えさせられました。
フェアトレードについては以前から興味を持っていたけれど、やはり、知らなかったことがたくさんあって、ああ、甘かったな、と。
適正な価格で農作物を買い取り、生産者の生活の向上を目指す、ということについて、私は今まで具体的なイメージを持てていなかったと思います。生活の向上、というのは、電気を引いて家電を使うとか好きな本を買うとか車に乗るとかいうことではなくて、ただ、飢え死にしないで明日も生きのびるという、それだけのことでした。それだけのことができなくて苦しむ人たちがいる。しかもそれは、干ばつのせいとかじゃなくて、先進国の私たちが、無自覚に、ただ安いものを求めているからそうなってしまうという、恐ろしい現実。
自分がものを買う時に、どんな企業から買うかによって、見えない遠くの人たちが死んだり生き延びたりする。これは大変なことです。大変だけど、きちんと選択することによって、生き延びさせてあげる(というのも傲慢な言い方だけど)こともできるのだから、知っておいてよかった、この映画を観て本当によかったなと思いました。

そして、地球人として、とは言っても、もちろん日本の政治のことも無視できるはずがないのです。フェアトレードのことだけでなく、原発の問題など、今は様々な問題を同時に考えていかなければいけない時代なのだと、DVDの特典映像でおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが、ほんとにその通りだなと思いました。しっかり勉強して、考えていかなければ。
| 映画 |