しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< といえ | main | お世話好き >>
女面展へぜひ、『セオリー』もぜひ
コミュニティセンターで毎月行われている「もったいない陶器市」に行ってきました。家庭で眠っている食器を引き取ってもらい、他の誰かが持ってきたもので気に入ったものがあれば持ち帰って良い、という市です。
初めてだったので箱があるものは箱に入れて持って行ったのですが、「以前は箱のまま引き取っていたんですが、かなり転売されてしまって」とのことで、中身だけ引き取って下さいました。世の中にはひどいことを考える人がいるものです。
しばらくその場で見ていましたが、かわいいキャラクターの柄のものは年配の方に、少し古い感じの花柄などは若い方に人気があるようでした。そしてかわいそうにいつまでも引き取り手が現れないのが大皿。「滅多に使わないのよねえ」とみんな思うのですよね。私も大皿は持って帰る気になれず、小さな花柄のパン皿と牛柄の夫婦茶碗をもらって帰りました。

息子は急にいろんな発音ができるようになったらしく、今まで「あ、い、う、え、お!」と叫んでいたのが「ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ!」「や、い、ゆ、え、よ!」なんてのも気づくと言えるようになり、この日は「こうえん」「ハンガー」「おこのみやき」「かぶとむし」なんて言葉も、少々間違ってはいますが楽しそうに口にしていました。

横須賀の父がゴールデンウィーク中に能面展を開催するそうで、案内状を送ってくれました。


連休中、鎌倉へ遊びに行かれる方、能面に興味のある方はぜひお立ち寄りくださいませ。

ハガキに「ホームページを見てくれ」と書いてあったので久しぶりに覗いてみたら、なにやら『セオリー』という雑誌に父の工房の様子が紹介されているのだそう。「ちょっといい仕事」号かあー。はっはっはー。「立ち読みでよい」とのことですので、ひとまず立ち読みしなければ(その後購入しますよそりゃ)。50代、60代向け雑誌なんてのがそもそも、今まで読んだことがありませんのでどんな内容なのか大変楽しみです。

息子はこのハガキの写真を見て、般若にとても興味を示していましたが、「あーちゃんも怒ったらこんな顔になるのよ」と言ったら「イヤイヤ」と言って本気で恐れていました。
| 宣伝 |