しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から、『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんと、皆さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなどをひっそりと書いています。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』もどうぞよろしく。
<< ブランコに乗りたい | main | 無理やりにでもピンとくるものを >>
何か飼いたいと息子は言う

久保さん、皆さん、こんにちは。

梅雨の晴れ間、いかがお過ごしでしょうか。

 

前回、「率先してゆったりとマイペースで」と書きましたけれど、うっかりすると走ってしまうので、いけないいけない、とまた歩調をゆるめています。

ほんとに、何もかも一斉に動き出した感じがしませんか?

気がつくとあれもこれもと用事が増えている。そしてそれに対応しようとしている自分がいる。あかんあかん。

「そこまでやらなくても大丈夫」「先のことを考えないで大丈夫」と毎日自分に言い聞かせています。構えず、のんびりいこう。

 

息子は今週から平常どおりの授業がはじまりました。

休み時間には、学年ごとに外で遊べる曜日が決まったらしく、息子は喜んでいます。おにご(おにごっこ)も、先生がウレタンで長い「おにご棒」を作ってくれて、やってよいことになったのだと。直接タッチするのではなくて、その柔らかい長い棒でタッチするのです。近づき過ぎないように。いろいろと工夫して下さる先生方に感謝です。

 

5年生になり、中等部ということで、「なんかちょっと大人扱いされてる」と息子は感じているようです。体育の時、着替えが女子と別々になったりね。これは大きな変化。

古典や地理、歴史、宗教など、新しい学びも始まっています。

時間割を見て驚いたのが「サーカス」。週に1度、「サーカス」の授業があるのです。いや、「5年生でサーカスをやる」というのはなんとなく聞いてはいたんです。でも、通年で「サーカス」という授業が入ってくるとは思っていませんでした。さてどんなことをするのやら。

古典は、息子はあまり期待していなかったようなのですけど、初回の授業で「万葉仮名」について学んだらしく、これが暗号好きの息子には大ヒット。「幾与宇末无与宇我奈遠奈良川太」と嬉しそうに報告してくれました。ちなみに息子の名前は「不毛止」と表記するらしく、「名前に『不毛』なんて入るのは嫌だ」と言うので、「でも『不毛』が『止まる』んだから、『ふっさふさ』ってことでしょ」と私が言ったら「イエティは嫌だ!」と叫んでいました。

 

それはそうと、今、住んでいる団地の外壁工事が始まっていまして、ベランダのすぐ向こう側に足場が組まれているのですけど、昨日夕飯を食べていたら、その足場の細い通路を猫が散歩していたので笑ってしまいました。

たくさん木が植えられている団地なので、その木々と建物の間を縫うように足場が組まれていて、空中散歩したら楽しそうだなといつも指をくわえて見ていたのです(もちろん絶対に入りませんよ)。そこを悠々と猫ちゃんが歩いていたので「いいわね、羨ましい」と声を掛けてしまいました。

で、その猫ちゃんは、実はご近所に住んでいる猫ちゃんで、猫を飼っちゃいけない団地なのに飼われている猫ちゃんで、こっそり飼っているのにベランダから逃げ出してしまうこともある(猫だから多分帰れるのでしょうけど)という実情を見て、息子が「やっぱりこういうこともあるんだなあ」とため息をついていました。彼は最近ペットを飼いたい飼いたいと騒いでいたんです。

小鳥と魚類以外は絶対にダメ、と、契約書に書いてあるし、人間の都合に合わせて生活させるのはどうなのとか、「やっぱりいらない」とは言えないんだよ、とか、昼間誰もいないのに家に閉じ込めておくんだよ、とか、そういう話を散々してきた末に、この、逃亡猫ちゃんの姿。息子の「何か飼いたい」熱はおさまるでしょうか。

ベランダに実のなる木をたくさん置いて、巣箱も置いて、野鳥に来てもらえばいいじゃない、と私と夫は説得してるんですけどね。

昼間は自由に外を飛び回って、夕方帰ってくる小鳥とか、いないのでしょうかね。いないか。

 

さあ、そろそろ重い腰をあげて、お母さんに戻ります。

皆さまも良い夕刻を。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE