しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』もどうぞよろしく。

映画『3人、』原宿VACANTでの上映終わりました。
皆さまありがとうございました。
<< れろれろは無理でした | main | あの人の気配 >>
やっと通常営業

久保さん、皆さん、こんにちは。

朝は晴れてたのに、今はどんよりしている奈良です。

 

ナンキンハゼの実がぽんぽんはぜて、キジバト夫婦がよく食べに来ています。かわいい。

 

やっと、やっと、緊張する仕事たちが全て終わって、平穏な日々。もう2学期は終わったかのような気分です。まだもうひとつイベントやりますけどね。まあそれはなんとかなるでしょう。

勤め先の学校ではインフルエンザが大流行です。皆さんはお元気ですか?

私は仕事が大詰めの時に風邪で倒れましたが、少しずつ回復してきて、ここ数日はよく眠れています。

このブログを読んでくれている一番上の兄(この間50歳になりました。おめでとう!)が「体幹トレーニング」について教えてくれたので、それを毎晩やっているんです。肘をついて、腕立て伏せみたいな格好で耐えるというやつ。これ続けてたらギターも力まず弾けるようになるのですって。頑張らないとね。そういえばすぐ下の弟も体幹トレーニングをずっと前にやっていたような。体幹トレーニング兄弟。

 

息子は走るのが速くなりたいとのことで、ランニングに精を出しています。誘われて一緒に走ってみたけど全然追いつけない。母はバテバテです。

学校ではやっとドッジボールが解禁になったようで(低学年のうちはやらないことになっています)、喜んで報告してくれたのですが、「腰から下を狙う」「肩や頭に当たった場合はセーフ」というルールをひねって解釈し、「僕当たりそうになったらしゃがんで頭に当てて返すっていう技を考えた」と得意げな様子なので、「どうして先生がそういうルールにしたのかよく考えてみ」「ひねって考えるならもう一回ひねって考えて元の場所に戻ってこないと」と話しました。「わざとぶつかりに行って耳や頭に大変な怪我をしたら当てた子はどんな気持ちになる?その子はちゃんと足を狙ったのに」と言ったら「そこまで考えてなかったな」と。賢くなったと思うこともあるけど、足りないなと思うこともまだまだある10歳なのであります。

膝に乗ってきたりおぶさってきたり、イベントで風船を配っているのを見つけて「欲しいよう」と甘えたり、まだまだかわいいです。クラスの中では相変わらず腹が立つこともあるようだけど、なんとか踏ん張っているようです。

 

そう、2学期から「郷土学」という授業が始まって、それがとても楽しいみたいです。最初は学校の教室から出発して、だんだん遠くへと出かけて行くんです。古墳を訪ねたり、地名の由来となった場所へ行ったり。「明日はもっと遠くへ行くよ」と先生が言うと、みんなは「えーっ」って言うんだけど、なんで嫌がるのかわかんないよ、と息子は話していました。「みんなは疲れのことを気にしすぎなんだよ」と。歩くの大好きなんです。

 

そういえば前回のブログで私は「『若草物語』を読んでいる」と書きましたが、『秘密の花園』の誤りでした。よっぽど疲れてたんだな。

『若草物語』には誰からも好かれない感じの女子は出てきませんね。四人姉妹の話でしたけど。

で、『秘密の花園』ですが、とってもよかったです。途中から先の展開がわかってくるんですけど、じわじわと感動するんですね。名作っていうのはこういうのを言うんだなあ。こうなったら『小公女』や『小公子』も読まなきゃいけません(これもまだ読んだことない)。

宮沢章夫さんの新しい小説『母または母』が載っている『新潮』の12月号も早く読みたいのですけど、買おうと思っていたら店頭からあっという間に消えてしまいました(すぐ売り切れるんですね)。近々大きな本屋さんに行くのでまたそこで探そうと思います。

 

さあまたコツコツと毎日を頑張る。

皆さまも良い一日をお過ごしください。

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE