しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』もどうぞよろしく。

映画『3人、』原宿VACANTの『バストリオの野生展』で上映されます!
2019/9/23(月・祝)13:00〜
皆さまぜひお越しくださいませ。
<< さあまた頑張ろう | main | 歩いたぞ >>
物語にかこまれて

久保さん、皆さん、こんばんは。

連休明け、いかがお過ごしでしょうか。

 

私は連休中、休みに休んで、「休みの日こそやろう」と思っていた運動も英語の勉強もすべて休んでしまったので、休み明けはひーひー言いながら働いておりました。

図書委員の仕事始めと、学級文庫の開始と、ボランティア募集の3つをこの時期同時にやるのは間違いだ、というのがわかりました(←これは自分のためのメモです)。ただでさえ連休明けで返却本が多いのです。図書室は行列ができて大混乱です。慣れない図書委員に私はつきっきりで、遠くで騒いでいる生徒をすぐに叱りに行くこともできず。このままではまずい、と、生徒指導の先生にも来ていただきました。男の先生がひとり座っていてくださるだけでトラブルは回避できます。ちっちゃいおばちゃんひとりではナメられてしまいますが。

 

疲れた体を引きずって帰ったら、また息子が「あーちゃんおやつあるよー」と出迎えてくれました。ありがたい。

昨日はおいしいカップケーキが出てきました。レンジで作るものなので、以前はかたかったり甘すぎたりしたのに、昨日はものすごくおいしかったので、「何を見て作ったの?」と訊いたら「目分量だよ!」との返事でした。繰り返し作ってるので、生地の感じとかでわかるんですかね。水を豆乳に替えてみたり、ココナッツパウダーを入れてみたり、いろいろ工夫しているみたい。あと、「塩をひとつまみ入れたから、豆乳の臭みがとれたんじゃないかな?」なんてことも言っていました。どこでそんなテクを覚えたのじゃ。

 

学校で先生が話してくれる『古事記』の話(タイトルは伝えない)がすごく面白いみたいで、「ぼく須佐之男命が主人公のマンガを描くよ!」と息子は張り切っています。

私はコソコソ読んでいた『ぼおるぺん古事記』を3巻読み終えました。これもものすごく面白かった!

とにかくぎょうさん(たくさん、よりこの言葉がしっくりくる)神々が出てくる。すべてのものに「すごい力を持った存在」としての「神」が宿っている、というのではなく、ただ「いのち」を持っている、という意味での「神」なのかなと思います。意地の悪い神も何人も出てくるし、やることなすことみな奇想天外で、「そんなバカな」なストーリー展開。

去年息子たちは旧約聖書の天地創造の話を聞かせてもらっていたのですが(それも『旧約聖書』という言葉は出さずに)、その時の「神」の話は息子はピンとこなかったみたいで、家では何も話さなかったのです。でも『古事記』は面白いんだな。細かなところまで覚えて帰ってきて全部話してくれます(もちろん私は「へえー」「はあー」と聞くわけです)。話したくなる気持ちはよくわかる。

 

そして私が読んでいる『ゲド戦記』はとうとう4巻へ。「仕事じゃなければ読まない」なんて書いてすみませんでした。なんと4巻読み始めてすぐに「テルー」が出てきた! 映画の『ゲド戦記』は見ていませんけど手嶌葵さんの「テルーの唄」は知っていて大好きな私。「こーころをなににたとえよう」と脳に響けばどんどん読めるというものです。また面白くなってきました。

それにしても『ゲド戦記』の中には、宮崎駿さんの作品を思い起こさせる場面がいくつもいくつも出てきます。ナウシカのあのシーンも、ラピュタのあのシーンも、きっとここから生まれたのね、と勝手に想像しながら読んでいます。

 

ああ寝ないと。夜更かししてしまいました。

皆様もゆっくりお休みください。良い夢を。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE