しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』もどうぞよろしく。

映画『3人、』原宿VACANTの『バストリオの野生展』で上映されます!
2019/9/23(月・祝)13:00〜
皆さまぜひお越しくださいませ。
<< おめでとう | main | ゴールデン「作る/読む」ウィーク >>
出会う

久保さん、皆さん、こんばんは。

 

あたたかくなりましたね。

 

ベランダではヒョウタンボク、ヒメリンゴ、ナデシコ、スミレの花が咲いています。

団地の中では紫木蓮、ドウダンツツジ、八重桜、ハナミズキが咲き始めました。藤の蕾も長く伸びて、もう紫色の棚になっています。

息子と近所を歩いていても、様々な花が目に映ります。息子はレンギョウの花の蜜を吸ってみたり、椿の花を拾って「ひんやりする」と言ったり、ハナニラの花の匂いに「いい匂いだねー」と感心したりしています。

道端に咲いている花は摘んで帰って、水にさしています。いつも学校でとてもとても綺麗に花が飾られているので、自分でも花を見つけると、摘んで、生けたくなるようです。

 

忙しい一週間が終わって、ほっとしています。

あまり緊張しすぎないように、と、自分に言い聞かせていましたが、それでもやっぱり、ドキドキするものですね。

まず、仕事で新入生の全クラスに図書館オリエンテーションというのをしました。そして今年度の新しい図書委員の生徒たちに仕事の説明もしました。先生たちの歓送迎会にも出席してたくさんの先生たちと話をしました。それから息子の学校の会議にも出席してちょっと挨拶のようなこともしました。

大勢の人と接することができるのは本当に幸せなことです。だけどいつもとても緊張してそれに慣れることがありません。情けない。

 

疲れましたが仕事から帰ると息子がおやつを作って待っててくれることがありました。

ある日は、「あーちゃん目つぶってて」と言って、アイスココアにブルーベリーとオレンジピールを浮かべたものを出してくれました。「おしゃれ」「カフェにいるみたい」と言って美味しくいただきました。

ある日は、「あーちゃんまだこっちにこないで、辛抱強く待ってたらいいことあるからね」と言われ、玄関近くで辛抱強く待ったのち、「いいよ」と言われて行ってみたら、「ミニミニパン」と書かれたお店屋さんができていました。息子が開発した生地をオーブンシートにたらしてレンジにかけると「ミニミニパン」ができるんです。ふつう味とカラメル味とジャム味がありました。ジャムはブルーベリージャムで、これも息子のお手製。ミニミニパンは、今まで作ったのはふっくらしなくて息子は不満だったらしいのですけど、ベーキングパウダーを入れたらいいのだと今回自分で気づいたらしいです。メニューに「とうとうみつけた!」「さいこうの『うまみ』」と書いてありました。実際のお味もなかなか良かったです。

食いしん坊な彼は味への探究心が半端ない。「ブルーベリーとチーズって合うんだよ」なんて言っている。留守番中にあれこれ試しているようです。

 

さあ、詩を覚えよう。

来週はストーリーテリングの勉強会があるのです。そこでストレッチと発声の音頭取りをさせてもらって今年で3年目になります。発声の時にはいつも、私が覚えて行った詩をみんなで唱えるのです。これはとても楽しいです。先月は高見順さんの「われは草なり」をみんなで唱えました。今月は金子みすゞさんの「日の光」にしようと思っています。

詩といえば、これは最初ものすごくびっくりしたんですが、息子の学校の会議では、最初と最後にみんなで詩を唱えるのです。何かを鎮めて「しん」となるためなのかしら。初めて出席した時には面白くて笑いそうになりました。今は笑いませんが。

 

『ゲド戦記』2巻に突入しました。合間に『あのころはフリードリヒがいた』という全然別の小説も読みました。

出勤時にバス停で高校司書さんと「今日からオリエンテーションなんです」「私もです」「頑張りましょうね」と話せるのが幸せです。

 

さあ詩です。日の光。

皆さまおやすみなさい。良い夢を。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE