しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 猛特訓 | main |
うまいっ!とさけびたくなるようなおいしさを!

久保さん、皆さん、こんばんは。

今日は、快晴でした。暖かかったです。

 

窓(正確には窓枠)にビニールを貼る、の作戦、見た目はちょっと良くないけれど、かなり効き目があります。やってよかったです。朝起きた時の「キーン」という冷えがありません。「窓の近くが寒い」ということがない。結露もしませんし。

そう、ちょっと不思議なことに、ビニールを貼ってある部分だけじゃなく、貼ってない南の窓も、それほど結露しなくなったんです。これはなぜでしょう(外が暖かいの?)。

見た目は本当に、「これから塗装工事するの?」という感じになってしまいますが、暖かいので良しとします。

 

息子の自転車運転技術は徐々に上達しています。今日は一緒に、家から15分ほど(自転車で)のところまで買い物に行きました。着いたと思ったら私が財布を忘れていたので2往復。「みんなの真似はしなくていい!」「かっこいい運転じゃなくて安全運転!」などと叫びながら息子のあとをついて走りました。疲れたー。

 

そんな息子が最近作ってくれるのは、「ごまあまパン」「ごまうまクッキー」「さわやかパン」などのおやつです。もち粉に黒砂糖と水を混ぜ、レンジで温めて作るのです(「ごま〜」はごま入り、「さわやか〜」はレモン果汁入り)。

以前から彼は、留守番中に勝手にもち粉を使ってねばーっとしたおやつを作っていたのですが、そのうち「シリコンカップを使えば生地がこびりつかない」ということを発見し、さらにその後、「薄めた生地をオーブンシートにたらして温めるとクッキーになる」ということを発見したようで、「一回レンジのとびらを開けて、閉めてからさらに余熱であたためるとカリッとなるんだよ」などと言いながら、そばせんべい風のおやつを作ってくれるようになりました。

私が仕事から帰ると「お店やさんでーす」と言って、メニューの中から私が選んだものをその場で作ってくれます。メニューには、「ごまあまクッキー うすあまいあじがあとをひく!」「さわやかパン おすすめ!すーっと口のなかをとおりすぎていきます。」などと書いてあります。ひとつひとつは小さいので、全種類いただいても大丈夫。ちゃんと夕飯も食べられます。

私が一番好きなのは「ごまうまクッキー」。「ごまあまクッキー」より甘さ控えめ、ごまのこうばしさが際立っています。

 

仕事でどうしても必要と思い、とうとうLINEを始めることにしました。意を決して登録したら、すぐさま近所の人からメッセージが来たので「LINEこわっ!」と叫んでしまいました。「知り合いかも」の欄には息子のクラスのお母さんや兄(?)と思われる名前がずらっと並び、ほっといたらこりゃ大変、と、仕事関係以外のメッセージは受け取らないように設定を変更。自分の名前も「仕事でしか使用しません」的なことが一目でわかるものに変えました。メッセージをくれたご近所さんにも「仕事でどうしても必要で始めただけなので今後はメールで連絡ください」と返信。感じ悪いかもしれないけど、そうでもしなけりゃ大切な人生の残り時間の多くをLINEに奪われてしまう気がして。ああこわこわ。でも上手に使いこなさなくては(仕事だけで)。

 

息子と一緒に読んでいる『ホビットの冒険』、やっと半分くらいのページに近づいてきました。ちょっぴりややこしい日本語を、なんとか読むことに必死で話の筋がちゃんとわかってないところもあるけれど、面白いんだよなあ。先が気になるところで本を閉じようとすると、「もうちょっともうちょっともうちょっともうちょっと!」と息子が叫ぶので、「じゃあほんとにもうちょっとだけね」と言って、結構長く読む、というのを、毎晩やっています。

 

さあそろそろ寝よう。

皆さまおやすみなさい。良い夢を。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE