しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< 5分なんて無理 | main |
ピッピ

久保さん、皆さん、こんばんは。

今夜は蒸し暑い奈良です。

でもだいぶ過ごしやすくなりましたね。やっぱりピークは7月末なんです。

 

団地の中ではサルスベリが噴き出すように咲いていて、ムクゲもまだ咲いていて、ベランダではバラと朝顔とトマトの花が咲いています。

毎朝5時50分くらいになると蝉がシャーシャー鳴き出します。こないだ台風が通り過ぎたあとも、変わらず同じ時間に彼らは騒ぎ出していたので、夜中の暴風雨の時には一体どこに隠れていたのかと不思議に思いました。

 

学校の夏休みを利用して、ここ数日は図書室の「蔵書点検」というのをしております。図書室にある本全部のバーコードをピッピピッピとこすっていくのです。台車の上にコンテナを積んで、その上にノートパソコンを載せて、長い長い電源コードを引きずりながら、少しずつ本棚の前を移動して行きます。昨日3000冊、今日5000冊こすって、あとまだ3000冊残っている…。すでに全身筋肉痛です。公共図書館にいた時は、何人もの職員で一斉にやっていましたから、休憩の時など励ましあうことができたんですけど、今はたった一人でやっていますから、自分で自分を盛り上げるしかない。帰り道に、公共図書館で一緒に働いてた人に偶然会っちゃったりして、「今私ひとりで蔵書点検やってるんです!」「ぎょえー! 頑張って!」とか言ってもらえる図を想像してみたり。

途中、今まであまり本を借りに来られたことのない先生がいらして、高畑勲さんの『君が戦争を欲しないならば』など、良い本をたくさん借りて行って下さいました。嬉しかった! これは本当に本当に嬉しかった!

 

そして私の読書ですが、『そして、バトンは渡された』の次に、『明日の子供たち』を読んで、『働きだして見つけた夢』を読んで、『君について行こう 上・下』を読んで、『神去なあなあ日常』を読んで、今は『仕事ってなんだろう』を読んでいます。

向井万起男さんの『君について行こう』は、ずいぶん前に読んで、今回久しぶりに読んだのですけど、やっぱりダントツ、「好きだ!」と思います。面白い。向井千秋さんは私の憧れです。私も、底力を発揮できる人になりたい。

 

息子とはずっと寝る前に『ムーミンパパの思い出』を読んでいて、「これってあまり気持ちが乗らないよなあ」と思い続けてきたんだけど、最後の最後に、とても楽しいエピローグが待ち受けていたので、読み終えたあとは息子とふたりで「面白かったねえ!」と声をあげてしまいました。こんなことってあるんだな。「それほどだよなあ」という気持ちでいる時間が長かったせいで、余計に高揚感が増したのかな。なんだかわからないけどとっても満足しました。

 

さあ、疲れたのでもう寝ます。

明日から、ほんとにほんとの夏休み。蔵書点検の続きはまた、再来週です。

皆さま、どうぞ良い夏を。

おやすみなさい。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE