しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
<< そこに見えるのはナンキンハゼ | main |
みんなが笑顔でいるためには

久保さん、皆さん、こんにちは。

 

日に日に、ベランダのブルーベリーの花が少なくなっていきます。ヒヨドリが食べているのです。彼ら、まったく遠慮がない。大声で仲間を呼んで5羽くらいでつつこうとするので、見つけ次第「だめよ」と脅します。息子は「おりゃー!」と言って追い払った後、「よっしゃー!」と指を立てるので、「それはやめて」と注意しています。品がないからね。

 

最近覚えた団地の草木。イロハモミジ、ハナニラ、クリスマスローズ(地味すぎて今まで気がつかなかった)、馬酔木(アセビ)、ハナカイドウ、花蘇芳(ハナズオウ)、ツワブキ、ユズリハ。サツキも咲き始めました。

ベランダではヒョウタンボクの白い花がきれいです。マジカルミラクルというバラがものすごい勢いで伸びています。不思議な寄せ植え(寄り生え?)も元気です。シダ類、アメジストセージ、サルスベリが仲良く共存しています。もう一種類名前の知らないものが生えてきています。もう少し暖かくなったらアサガオも芽を出すでしょう。

我慢しきれずにインゲンの苗を注文してしまいました。ミニトマトの苗ももうすぐ届くはずです。

なんと団地の管理会社が、「グリーンカーテンを作りませんか?」とゴーヤの栽培セットを希望者に提供してくれる(タダで)そうで、本当はそれも欲しいけれど、洗濯物を干す場所がなくなってしまうので、あきらめました。

 

私も夫も、必死に働いているのに仕事がまわらない感じでいつもぜいぜいしているのはなぜだろう、なんかおかしいぞ、と近頃思います。

私の場合は経験不足で要領が悪い、というのもあると思う。だけど勤務時間を減らされたら当然提供できるサービスの量も減るのです。それでもみんなが笑顔でいられるような(みんなというのは学校の生徒たちも先生たちも私の家族も)仕事をするにはどうしたらいいでしょう。悩みます。

あと、多くの人がとっても真面目に働いていると思うんだけど、私の雇用主も夫の雇用主も「お金がなくて人が増やせない」と言うのはどうしてなんでしょう。どうして真面目に働いてもみんながハッピーにならないのでしょう。おかしい。

 

息子は新学期がはじまり、遠足に行って、みんなで草摘みをしたのだそうです。それで、昨日おとといは摘んできた草でヨモギ団子を作ったり、ノビルの醤油漬けを作ったりしたそうです。ヨモギは天ぷらにもしたんですって。「のりの天ぷらみたいでおいしかった!」と言っていました。天ぷらのころもはみんなで作ったけど、油で揚げるのは先生がやってくれたのだそうです。先生、お母さんみたいです。

 

息子と一緒に読んでいる『シェイクスピアはどこ?』ですが、最終回の今日はいよいよ『ハムレット』です。楽しみ。

 

さあ勉強します。

 

皆さまも良い一日をお過ごしください。

 

| 日々 |