しいたけ園←ブロッコリー

南波典子から『トーキョー・ボディ』共演者である久保優子さんへ送る日々の記録。
子育てのこと、仕事のこと、などなど。

久保さんからのお返事『しいたけ園→ブロッコリー』も、どうぞよろしく。

映画『3人、』見に来てくださった皆さま、ありがとうございました。
いろいろ一週間

久保さん、皆さん、おはようございます。

 

いろいろ書きたいことがあったのに、地震にかき消されてしまいそうです。

でも書こう。

 

今団地の中で咲いているのは、クチナシ、それから大きさも形も様々な紫陽花。「原種かな?」と思うような白くて小さなものから、巨大な紫色のものまで。

ベランダではメドウセージと朝顔の青紫、それからミニトマトの黄色い花が咲いています。

 

最近読んで、やはり素晴らしかったのは『宿題の絵日記帳』で、面白いなあ、良い本だなあ、と思ったのは、『中学生の夢』と『ミライの授業』。ついつい大人目線で、「これ中学生に読んでもらいたよなあ」と『ミライの授業』などをすすめてしまうけど、『中学生の夢』は日本の中学生が自分の夢について書いた作文が載っていて、これ読むと、中学生の良い意味での幼さ、純粋さがよくわかるから、「あんまり難しい本を押し付けてもね」と普段の自分の選書基準を見直すよいきっかけになりました。でも『ミライの授業』はすすめるけどね。

 

去年まで毎日図書室に来て、どっさり本を借りて行く女の子がいたのですが、最近図書室に来る回数がめっきり減り、どうしたのかなと思っていたんです。3年生になったので、勉強が忙しくて読書を控えているのかな、と思っていたけど、どうもそうではなくて、気の合う友達ができたみたいで。これってすごく素敵なことだと思いませんか。

彼女が毎日図書室に来て、私としゃべって、どっさり本を借りて行く。それはそれで私はとっても嬉しかったけど、たまーに友達と来て、楽しくおしゃべりしながら本をぱらぱらめくって、借りもしないでさらっと出て行く彼女の姿を見るのも、いやこれほんとに嬉しい! と私は思っていて。

仕事上「読書推進」ということをしなければいけない立場だけれど、本を読めば読むほど賢くなれるのか、幸せになれるのか、というとそうではない、現実の世界を生きていく中で、必要とされた時に手助けをするという、本ってそれくらいのものだよなあと、あらためて思いました。

 

最近よく来る「うんこの本ない?」と訊いてくる男の子は、「俺は部活をサボりたいだけ」と言って大声で騒いでいるので、「部活をサボるなら別の場所でサボってちょうだい、ここは静かに本を探しに来る人の場所だから」と注意したら、少し声をひそめて「先生、俺は本好きになりました」と本棚を見て回り(どうしても部活はサボりたい)、「あ、これ面白そう! 『サザエさんと日本を旅しよう!』やって」などと言うようになり、こういう生徒にはやはり「読書推進」が有効かもしれない、と思うのでした。そして彼のために「うんこの本」は図書室に入れようかと先生と話しています。彼がいつまで図書室に通い続けるかわからないけど。

 

そう、一応、地震のことですが、私たちが住んでるあたりも結構揺れましたが、家族は怪我などもなく、無事です。

私は仕事でしたので、職場でなんとなく落ち着かない一日を過ごしました。まず生徒をグランドで待機させ、先生たちは校舎内の安全確認。私も先生と一緒に図書室の確認をしましたが、散らかった本などを片付けるだけでなく、その後の余震で生徒たちに危険がないようにチェックする、というのが、ちゃんと自分にできているのかが、不安です。今後も気をつけていきますが、これ以上大きな揺れが来ないよう祈っています。

奈良は普段地震が少ないですから、「地震っていうもの自体はじめて」という生徒もいて、不安げな表情の子もいました。授業中、立っている先生には気づかない程度の余震でも、座っている生徒たちは敏感に感じ取って、先生が黒板に何か書いて振り向いたら生徒たちが全員机の下にもぐっていた、なんてこともあったようです。学校ではつい先日避難訓練をしたところなので、それがほんとに役立っていて、よかったなと思いました。

 

我が家では今年の1月ごろに、重い腰を上げて防災について色々準備をしたところで、枕元に家族全員分の避難用持ち出し袋と靴もありますし、息子にも「こういう時にはこうするのよ」といった話も色々していましたから、それほど慌てませんでした。備えておいて本当によかった。

息子は電車の中におり、学校まで行く途中の駅でストップしてしまったのですが、同じ学校の生徒が何人かとお母さんがその場にいらして、車の手配などしてくださり、無事に登校できました。

学校では普通に過ごし、田植えや手仕事を予定通りしたそうです。

 

そう、息子の学校では3年生で「生活科」というのが始まり、最近では梅シロップや梅干し作り、麦刈り、田んぼの代かきと苗植え、刈って来た羊毛の染色、など、いろんなことをやっているようです。刈った麦は麦茶にするのだそうです。この中で梅シロップと梅干しづくり以外は私やったことないですから、羨ましい。私も残りの人生の中でやってみたい。

 

ああ、他にもいろいろあったんだ。オイリュトミードレスの作り方を、手仕事の先生に習ったこと。卒ゼミの先生と話した中国と日本の中学生の違いについて。遠い国からやって来た転校生のこと。

でももう書きすぎだと思う。勉強します。今週末も試験。

 

皆様も良い一日をお過ごしください。

まだまだ心はざわつきますが、備えられることは、備えて、落ち着いて過ごしましょうね。

 

| 日々 |
早く夏に

久保さん、皆さん、こんばんは。

 

今日は小雨が降ったりやんだりでした。

関東ではもっとたくさん降ったみたいね。

 

雨だと学校中ジメジメ。掲示物も湿気を吸って重たく垂れ下がっています。生徒たちも「うぜー」「なんやねん」な重い空気を引きずってやってきます。今日の放課後は、ハシゴに登っては飛び降りる、というのをやたらとやりたがる男子が来て、「先生、うんちの本ないの?」と言って騒いでいました。「うんちの何について知りたいの?」と聞くと、「何って…、なんでも」と。なんとなく場所を教えてあげたら、しばらくして「しゃーないから借りてやるわ」と言って、うんちとは全く関係のない本を借りて、部活へ行きました…。早く夏になあれー。

 

我が家の小3男子もイライラしております。

昨日は日曜だったけど、夫が横浜に行くというので、「あーもう今日は人生で一番最悪の日、パパはいないしあーちゃんはレポート書きで遊んでくれないし」と言って、ぷんぷん怒っていました。私が「よよよ…、ごめんなさい…」と言って、ウソ泣き涙のシャワーを息子に浴びせかけたら、そのウソ泣きシャワーで彼は頭や体を洗っていました。

今朝はなかなか起きてこないので私が爆発して大げんか。夜は息子が手に持っていたふりかけをこぼしたのに、「僕のせいでこぼれたんじゃない! 壁が僕にぶつかってきたからいけないんだ!」と言って、こぼしたのをなかなか拭こうとしないのでまた大げんか。早く、夏になあれー…。

 

そんな息子だけれどもこないだは大冒険をしたようです。学校の帰り、電車で最寄り駅に到着したところで「帽子がない!」ということに気づき、駅員さんに相談したところ、色々調べてくれて、「その帽子だったら西大寺に届いてるから、西大寺に取りに行ってね」と言われたので、「僕西大寺まで取りに行ってきたんだよー」と。えええええー、と私。「だってほら、まだ改札出てなかったからさ」と息子。そうは行っても、いつも乗るのとは反対方向だし、西大寺は奈良の中ではかなり大きな駅で乗り場が相当ややこしいし(何行きは何番ホーム、と決まってないのです)、よく行って帰ってこれたよねえ、と。

で、息子はその西大寺駅でまた駅員さんに相談したところ、「それだったら駅長室にあるよ」と言われたので駅長室に行き、自分の住所と電話番号はわからなかったので、「名前だけ書いて受け取って来た」とのことでした。

「駅長室っていっても、誰でも入っていいみたいなんだよ、何か相談したい人とかさ」だって。

 

3年生にもなると色んなことができるのですね。

我が家では災害時の家族の待ち合わせ場所を決める際、「電車に乗ってる時に地震が起きたらとにかく駅員さんに相談」とだけ息子に言い聞かせていて、そうは言っても実際どのくらいコミュニケーションがとれるのだろう、と思っていたけれど、一連の、息子の話を聞いてたら、もう何にも心配いらないね、突然私がいなくなってもやっていけるわね、と思ったのでした。

 

最近読んでいるのは今井信吾さんの『宿題の絵日記帳』です。これ、すごーく良いです。今年のベストワンに輝きそうです。画家の今井信吾さんが、娘の麗さんの聾話学校での宿題のために記された絵日記をまとめられたものです。私はお嬢さんの今井麗さんが現在描かれている絵や、インスタグラムで垣間見れる麗さんの子育ての様子も大好きなんですが、その原点がやはりこの『宿題の絵日記帳』に、あるのだな。お友達と一緒に顔じゅう口紅を塗りたくってしまったうららちゃん、家族に芝居の演出をつけるうららちゃん、ぐずるうららちゃんに手を焼いて新聞でうららちゃんの頭を叩いてしまうパパ、ママの留守中にうららちゃんに泣かれてついアイスなどを与え過ぎてしまうパパ…。読み終わりたくないなーもったいないなー。

ちなみに去年のベストワンであった『すべての見えない光』も、読み終わりたくないなーもったいないなー、と思っていました。

 

息子とは『ムーミンパパの思い出』を読んでいます。これ、私一人では何度チャレンジしても読み終われなかった本ですが、息子と一緒だから、きっと今回は最後まで読めるんじゃないかな。

 

ああ眠いわ。

皆さまおやすみなさい。良い夢を。

 

| 日々 |
homework

久保さん、皆さん、こんにちは。

そろそろ、ほんとに、梅雨入りでしょうか。

 

ベランダのミニトマトが少しずつふくらんできました。まだまだ緑色ですけどね。インゲンはちょっとずつ収穫して食べています。3株しか植えていませんから、一度にとれる量は限られているんです。

そしてその、ミニトマトとインゲンの隙間から、朝顔のつるが伸びてきました。その下にはさらにシソの芽が。脇にはネギが生えています。

こうやって色んな種類の植物をそのまま生やしておくとみんな元気がいいように思います。

ブルーベリーの株元でも、カラスノエンドウ、ハコベ、オオイヌノフグリ、などが生え変わって、今はツユクサが伸びてきました。

つい先日まで咲き誇っていたバラは、息子が「ローズヒップになってほしい」と言って、花瓶に挿した状態でもローズヒップになってくれるのかどうか、今実験しているところです。水だけじゃあ、難しいと思うんだけど…。

 

昨日は、「夕飯は簡単にして3人でトランプがしたい」と息子が言ったので、みんなでお餅やおにぎりを食べたあと、七並べをしました。トランプを並べながら息子が、「英語で『K』と『Q』の字を習ったんだよ」と言ったので、なるほどー、それでトランプなのか、と納得しました。

こういう、学校で何か習った時の気持ちの盛り上がりをそのまま持続させて家で遊んでいることがよくあって、よいことだな、と思います。みんなで羊の毛狩りに行った時には、家でもチクチクとフェルティングをして人形を作っていたし、運動会(のようなもの)の前には、「障害物競走の練習」と言って、自作のダンボールキャタピラの中に入ってハイハイを繰り返していました(私もやらされました)。手仕事の授業ではメリヤス編みで人形を作っているらしく、家でもぬいぐるみ用のマフラーを編んでいたりします。「ぼく『茶摘み』の歌が好き、歌っててきれいな歌だなあって思う」と言って、手遊びを教えてくれたりもします。部活動をしている上級生を真似て、公園でボールを追いかけたりもしています。

とっても自然な形で「宿題(復習)」ができていて、よいな、と思うけど、実は4年生から、いわゆる一般的な「宿題」が始まるのだそうです。どんな風に息子が取り組むのか、今からドキドキです…。

 

そんな息子のアトピー(赤ちゃんの時からです)を少しでもましにするために、最近足の裏や頭をマッサージ(指圧)してあげているのですが、本当は小児はりと似たようなことができればもっといいのだろうと考え、何かで代用できないかな…と探したところ、耳かきを発見! よくスプーンを使うのは聞いたことがあるのですが、もっと触れる面積が小さい方が効き目があるような気がして(シロウトの思いつきですが)。試しに自分の体の凝っているところを耳かきでさすったり押したりしてみたら、指で押すのよりスッキリしたので、息子にも今日からやってみようと思います。嫌がられない程度にね。

マッサージでも気持ちよさそうに眠りにつくんだけど、1、2時間もするとハアハア言いながら腕や足を掻き出すので、もう少し眠りが深くなるといいなあ、と思っています。

 

さあ今日はまたレポート書き頑張ります。

皆さまも良い一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
美味しいとは

久保さん、皆さん、こんにちは。

今日は雨降りの奈良です。そろそろ梅雨入りでしょうか。

 

先日私、誕生日でした。四十四になりました。ああ、いやだいやだ。

自分の誕生日は忘れたくても忘れられないものですね。それもいやだいやだ。

 

夫に「プレゼントは何が欲しい?」と訊かれ、「コードレス掃除機かハンモック」とこたえたら、「じゃあ掃除機ね」と言われてしまいました。ハンモック、だめかあ…。

息子の学校の子達はゲームをしませんので、「あの子もあの子も持ってるんだから僕もゲーム買って!」と息子が言うことはないのですが、どういうわけだかみんなの家にはハンモックがあるので、私が欲しくなってしまったのです。「みんなって誰? 本当にみんなが持ってるの?」と夫に言われそうですが。だってHちゃん家にもあったし、Uくん家にもあったし、Sくん家にもあるらしいよー。

 

コードレス掃除機は、いろいろ調べてみたけれど、結局「これ」と言えるものが見つからないので、しばらくは家の古い掃除機をそのまま使うことになるでしょう。

でも大学で今、CSR(企業の社会的責任)というのについて学んでいますので、各メーカーのホームページなど見て、ふむふむここはこういう活動をしているのか、買うならここの掃除機にしようかな、などと考えるのは楽しい時間でした。デザイン、性能、価格だけじゃなく、作っている会社が社会のためにどんなことをしているのか、というのも、買い物する時の、物選びの大切な基準となるのだな。まあこれまでも少しは意識していたけれど、勉強を始めてからはもっと、トイレットペーパーとか、別にこだわりないよ、どこのでもいいよと思っていたものまで、どうせ買うなら良いことしてる会社のものを、という選びかたになってきました。

 

誕生日の前の日には、馴染みの定食屋さんで食事をしました。奈良に来てから何度も行ったことのあるお店で、うどんが売りの、でもなんでも食べられる定食屋さんです。いつも地元の人で賑わっていますが、混んでて座れない、なんてことはありません。子連れでも気兼ねなく入ることができて、でもタバコが吸いたい人は遠慮なく吸うことができて、いつも小さなテレビがついています。良心的なお値段で、「ああ、あったかくて美味しい」と感じられる料理が食べられます。その日はとんかつ定食を食べました。同じとんかつでも、ファミレスのとんかつであるとか、チェーン店のとんかつ屋さん(そこそこいい値段する)のとんかつなんかとは、なんだか違うのね。「あったかくて美味しい」と思う。どの店のとんかつも温度的にはあったかいのでしょうけどね。でもこの「あったかくて美味しい」は、この店だから感じられることで、「ほっとする」という意味もかなり含まれているのです。

こんな風に「美味しい」と感じてもらえる料理が出せたらいいよなあ。目標にしたいなあ。

 

そうだ誕生日を迎えたことだし、せっかくだから四十四で頑張りたいことを書いてみよう。

・「旬の味 泉」で食べられるような、あったかくて美味しいご飯を作れるように努力する。

・息子の話をよく聞く。

・夫の話もよく聞く。

・学校の生徒ひとりひとりの気持ちにこたえる(えこひいきしない)。

・どんな生徒にも「こうなりたい」「こう生きたい」という気持ちがあることを信じる(だから何か悪いことをされても仕返ししない)。

・大学を卒業する。

ひとつ目と最後の以外は、頑張りたいことというより、ただ忘れないようにしたいことですね。

 

さあ夕飯作らなくちゃね。

息子は「あーちゃんの誕生日プレゼントに秘密基地を作ってあげるよ」と言って、本棚と折りたたみテーブル、毛布などを使って素敵なログハウス風の秘密基地を作ってくれました。ありがとう。「落ち着くわー」「ほっとする」と私が言うと、「ありがとねそう言ってくれて」と言っていました。こちらこそありがとう。

 

皆さまも楽しい夕刻を。

 

(追記)

最近読んでとっても良かった本、『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』。これはほんとに、良かった。うーん。私は仕事のためにとても役立つものの見方を教えてもらったと思ったけれど、どんな立場の人にも響くものがあるんじゃないでしょうか。おすすめです。

| 日々 |
未来はきっと明るい

久保さん、皆さん、こんにちは。

 

今日は日差しが眩しいけど、また明日、雨がたくさん降るそうですね。

植物にとっては、このくらいの頻度で降ってくれるのは嬉しいんじゃないかな。

 

団地の中の木々や草、まただいぶ名前を覚えました。

キンシバイ、サラサウツギ、ハコネウツギ、シモツケ、カシワバアジサイ、タイサンボク、シラン、ホタルブクロ、コバノタツナミソウ。

コバノタツナミソウ、は、とってもかわいらしい草ですが花の時期は結構短い。少し前に咲いていたものです。シランとホタルブクロは、たぶん住んでる人が勝手に植えたんじゃないかと思う(そこだけちょっと周りと違う)。

それにしてもどなたが考えた植栽なのでしょう。絶えずどこかで花が咲いています。これを覚えていれば、将来自分が好きにできる庭を持った時、「これの次にはこれが咲くから…」とイメージしながら木を植えられますね。畑を借りていた時には食べられるものばかり植えていましたが、またいつか土地を借りることができたら、ここで覚えた花木も植えるでしょう。

 

先日受けたMRIの結果は「異常なし」ということで、ほっとしています。

じゃあ何が原因で耳の奥で変な音(シャーシャー言う血流音)がしていたのか、結局わからないのですが、その前にはめまいがひどい時期があったので、きっと自律神経系のなにかでしょう。でもそれだったら病院に行って治るものじゃないよなあ、とつい考えてしまう私は、毎朝10分自転車こぎ(マシンで)をするようになりました。そしたら、ここ2日くらいシャーシャー音が気にならなくなった! 快適!

普通のストレッチは眠いとなかなかやる気が出ないんだけど、自転車こぎは眠くても足だけ動かせばいいのでとっても楽です。そして足を動かしながら上半身をストレッチしているうちに、だんだん頭が起きてくる。続けられそうな予感がします。

 

さて、息子の学校の運動会(のようなもの)は、もともと運動会というものがない学校生活の中で、生徒たちが「ぼくらも(私たちも)運動会をやってみたい」という思いを募らせて自主的に開催されてきたもののようです。だから、開催されない年もあるのだそうです。会場の準備も、プログラムの構成も、司会も、全校生徒や保護者が入退場するときの誘導も、すべて高等部の生徒が行います。あんまりきびきびと動いているので不思議な感じがします。「お前らタラタラすんなー!」「ビシッとしろー!」「列が乱れてる!」なんて大人にどなられたことは一度もないはずの生徒たちです。だけど本当にやりたいと思ったことを、みんなで協力しながら、大変だけど頑張る。その眩しい姿に感動というのを超えてちょっと唖然とするくらいでした。「そんなにビシッとしなくていいよ」と言いたくなるくらいにビシッとしている。そして楽しそう。「応援」というのも、「応援合戦」というものをさせられなくたって、子どもたちは「応援」大好きなんですね。すごく盛り上がっていました。

玉入れ、綱引き、騎馬戦、リレーなど、普通の運動会によくある競技がずらりと並び、終盤が近づくと赤組白組の点数表を裏返してどちらが勝っているかしばらく隠すところなど、「そんなことまでよくリサーチしているな!」と言いたくなるほど「ザ・運動会」でした。そしてやはり最後はソーラン節! これははずせないのですね。どんな時でも生演奏のこの学校、もしや…、と思ったら、やっぱりソーラン節も生歌、生演奏でした! 和太鼓以外は洋楽器ですし、コーラスもお腹から声を出す感じじゃありませんのでちょっと上品な感じ。でも踊りはすごいキレでした。面白かった!

 

この私の「面白かった!」という目線は、素直に感動している他の保護者の人達からしたら、ちょっと失礼な感じにうつるかもしれないんだけど、どっぷりと新しい価値観に溺れるのではなく、息子を公立校に行かせてた頃の感覚も忘れずに、新しい世界を楽しみたいと常々思っているので、「素晴らしい」「感動した」という気持ちももちろんあるけど、「面白い!」「こんな上品なソーラン節見たことない!」っていう感覚も、持ち続けたいと思っているのです。決してバカにしているのじゃなくてね。

 

全校生徒とその保護者、みんなを楽しませてくれた高等部の生徒たち、本当にかっこよかったです。思春期真っ只中の7、8年生の生徒たちも、こんなかっこいい先輩たち(高等部は9年生からです)の姿を日々見ていたらグレてなんかいられないと思います。

最初から最後まで会場を盛り上げてくれた司会のふたりも本当に上手で、息子は「あのお兄さん勇気ありすぎ」と言っていました。そして小さな声で「ぼくもあのお兄さんみたいになりたい」と呟いていました。憧れる存在が近くにあるってすばらしいです。

 

楽しみのための読書もしたい、と思い、ウー・ウェンさんの、『丁寧はかんたん』という本を読みました。ウー・ウェンさんの、ものの考え方が好きなのです。この『丁寧はかんたん』は、レシピも載っているけれど、「考え方」の本なので、私にはとても満足な内容でした。

ほかにも好きな料理家の方はいて、栗原はるみさんとか、平野レミさんも好きなんだけど、私のよくないところは、このお三方の、生き方には影響を受けるけれどもちっとも料理を真似しないところでしょうか。レシピはあまり見ずにいつもインタビュー記事ばかり読んでいます。レシピも真似すればきっと家族は喜ぶのでしょうけど。

 

さあそろそろ勉強しようかな。今週末はまた試験です。

卒ゼミの先生はとってもとっても優しい先生だったのでほっとしています。「こんな日曜日に、静岡とか、東京とか、遠くからわざわざ来てくれて、毎年感動します」とおっしゃっていましたが、私からすれば、中国で一流企業と呼ばれるところに就職したにもかかわらず、企業内部で行われていることや上司の姿を見て自分の将来について考え直し、会社を辞めて日本に来て勉強し、教員になられたという先生のプロフィールの方が、感動します、と言いたかったです。

 

さあ重い腰を上げる。皆さまもよい夕刻をお過ごしください。

 

| 日々 |
ヤマボウシ、シャリンバイ、…

久保さん、みなさん、こんにちは。

曇っているけれど、外は気温が高そうですね。

 

明日は息子の学校の高等部の生徒たちが企画してくれた運動会のようなものがあるのですが、朝まで雨の予報。大丈夫かな。

息子は「障害物競走」と「海の怪獣」というのに出るらしい。「俺のチームぜったい1位やで」と言ってます。

 

団地の樹木。新たな花が咲くたび名前を知りたくて調べるけれど、もう追いつきません…。あっちでもこっちでも見たことのない花が咲いています。

そしてベランダでは「マジカルミラクル」という名のバラが咲き乱れています。私と同じ誕生日のGさんからいただいたものです。小さな挿し木から育って、今年は新しい大きな枝がニョキニョキと伸びました。Gさんちのお庭でも咲き乱れているかな。

 

今日は十数年ぶりにMRIの検査を受けてきました。耳の奥で変な音がするので一応調べてもらったのです。

十数年前もMRIはうるさかったけど、それから全然進化してないんですね。うるさいのなんの。あのうるささはどうにもならないのでしょうか。あれって必要な音なの? もう少し静かにならないの? それとも今日のMRIの機械が十数年前と同じタイプで、最新式のはもっと静かなのかしら。

外出先で横になれる機会があるとものすごくありがたい気持ちになるのですが(美容院にいる時みたいな)、さすがに今日は眠りに落ちることはなかったです。

まあでも検査を受けに行っただけ進歩といいますか、いつもは不調があっても平気平気と病院に行かずに「勝った」気でいるので、こうして「負け」を認めて病院に行った自分をほめてあげたいです。結果はまだわかりませんがたいしたことないといいです。

 

夫はこないだ大腸の検査を受けに行って来ました。「やっぱキャンセルしようかな…」と直前まで迷っていましたが、意を決して下剤を飲み紙パンツをはいて出かけました。検査前も1リットル下剤を飲んだのですって。えらすぎるよ。結果は「きれいな腸です」ということで、写真ももらってきました。異常なしで何よりです。

 

そろそろ「卒ゼミ」というのが始まります。本当は2泊3日の宿泊型のに参加しなくてはいけないのですが、難しい場合は通いの卒ゼミも選択できるのです。予習のために『CSR経営戦略 「社会的責任」で競争力を高める』というのを読んでますが、なかなか進まない…。

仕事の昼休みには『羊と鋼の森』を読んでいます。この間までは『ミッキーマウスの憂鬱』を読んでいました。「仕事」に関する小説をいろいろ読もうと思って。このあとは『神去なあなあ日常』『神様のカルテ』が控えています。

寝る前には相変わらず『たのしいムーミン一家』です。

息子が図書館で、へんな生き物や手品や文楽など好きな本ばかり借りていると「いいなあ」とつい思ってしまいます。今私の読書は勉強と仕事に必要な読書ばかりなので、たまに気持ち悪くなることがあるのです。「幸せなことだから文句言うなよ」と自分に言い聞かせてますが。

 

早く卒業したい。さ、勉強しよう。

皆さまよい週末をお過ごしください。

 

| 日々 |
コデマリ、ウツギ、カナメモチ

久保さん、皆さん、おはようございます。

5月です。

ツツジが終わり、団地の濃い緑の中にまた白い花が点々と。

 

久保さん、しみの日(4月3日)、今年もちゃんとお祝いできずごめんなさい。いつもバタバタが過ぎてからはっと思い出すのです。お誕生日おめでとうございました。

お祝いを言うには遅すぎる、という時になって、いろいろな人の誕生日を思い出すのです。おめでとうおめでとうと心の中で唱えています。

 

かこさとしさんが亡くなられましたね。本当に残念。膨大な数の作品を残してくださいましたが、最後まで力を振り絞って役目を果たそうとされたかこさんの姿は本当に偉大ですし目標にしなければと思います。

私は『からすのパンやさん』で育ちました。ほかにもかこさとしさんの本は家にあったのですがとにかく『からすのパンやさん』が好きでした。

息子は『ことばのべんきょう』シリーズ、『だるまちゃん』シリーズ、『マトリョーシカちゃん』、『にんじんばたけのパピプペポ』や『ねずみのしょうぼうたい』、『どろぼうがっこう』、そしてもちろん『からすのパンやさん』とその続きのシリーズ、『かこ・さとし かがくのほん』シリーズなどを読んで、最近は『宇宙』『地球』『ならの大仏さま』などを読んでいます。

かこさんの最近の本で私が特に好きなのは『だるまちゃんとにおうちゃん』です。体が大きくて力が強い「におうちゃん」と、だるまちゃんが、すもう、指ずもう、尻ずもう、けんけんずもうなど、いろんな遊びで力比べをするのです。息子のクラスでこれを読んであげた時の子ども達の盛り上がりは忘れられないです。

自分の頭で考えられる子に、という思いが込められたかこさんの作品を読み続けて、はたして私は自分の頭で考えられる大人になれたかどうか、あやしい時も多々ありますが、これからも息子と一緒に読み続けて(まだ読んでいないかこさんの作品はたくさん)、楽しく学ばせていただきたいと思っています。

 

さて、連休でしたが、我が家は少しだけ横浜の夫の実家に行きました。息子をアスレチックで遊ばせたり、義母のお見舞いに行ったりしました。

義母は、お正月は家で過ごすことができたのですが、今はまた入院しています。体はほとんど動かせなくなり、食事も鼻からチューブでとっている状態です。こちらが話しかけても返事をすることはないけれど、小さく頷いてくれることはあるので、きっとわかってくれているんだな、と思います。

私は今まで「よくできたお嫁さん」と呼ばれるようなことはしてこなかったので、お母さんが今のような状態になった時に、まっ先に私のことを忘れたり、私のことを嫌がるようなことがあるかもしれないと、ほんの少し覚悟していたけれど、「来てくれたのね」と言わんばかりの表情で見つめ返してくれて、話を真剣に聞いてくれているのがわかって、ありがたいと思うと同時に、ほんとに義母はすごい人だなとあらためて思いました。

いろいろ悔しい気持ちはあるはずなのに、病気に対しても、誰に対しても、文句ひとつ言わずに2年間耐えてきた義母です。そしてどんな時も、変わらず気にかけてくれているのは息子のこと。息子の話になると、ものすごく頑張って意識を集中させて話を聞いてくれているのがわかります。息子本人は、病室でどう振る舞っていいかわからず、少し離れたところでフラフラしているのだけど、その気配をちゃんと感じながら、私や夫の話を真剣に義母は聞いてくれていました。

 

さかのぼって、連休初日には、息子の学校で「メイポールダンス」というのを見せてもらいました。子どもたちが花冠をつけた柱のまわりに輪になって、柱のてっぺんから伸びる色とりどりのリボンを手に持ち、踊っていくうちにリボンが編まれて組紐のようになる、というような、すごく簡単にいうとそういうダンスです。4年生の子ども達が踊って、もっと上の学年の子ども達が楽器の演奏をして、というものでした。歴史的なことや深い意味はまた追々学ぶとして、とにかく綺麗、そして見ていて面白い! 踊っている子ども達もそれぞれ花冠をかぶっていて、見ているこちらは、森の中で妖精が組紐遊びをしているのをこっそり覗いてしまったような、そんな気分でした。

 

さあ勉強しよう。

今、『CSR入門 「企業の社会的責任」とは何か』という本を読んでるんだけど、これ、企業がイメージアップのために社会的にどんな良いことをしているのか、という話かと思ったら、もっと大きな、生物多様性や生態系の持続可能性のために企業は何をすべきかという話でした。面白い!

皆様もよい一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
読書はダサくない

久保さん、皆さん、こんにちは。

もうすぐ、4月が終わりますね。

 

私のぜいぜい忙しいのもそろそろ終わって欲しいですが、なかなか先が見えない…。

心を落ち着かせて、コツコツと、ひとつずつやっていくしかないけれど。

勤め先の学校では、1年生向けのオリエンテーションというのを全クラス終わらせることができて、それだけはちょっと、ほっとしています。

 

新しく入学した1年生に、図書室の使い方や、どんな本がどんな風に並べられているのか、というのを説明するのがオリエンテーションなのですが、「そんなこと当たり前にわかるだろう」と思われることが実は彼らにはわかっていない、というのが前年度の一年で私が学んだことですので、ほんとに一から、手取り足取り、説明するわけです。

「目の前に置いてある貸出カードの名前は間違っていませんか? 大丈夫だったら今、生徒手帳を開いたところに差し込んでおいてください。そうしたらなくさないからね。これは3年間使うから大切にしてください。もしも生徒手帳ごとなくしてしまった、とか、間違って洗濯しちゃってフニャフニャになっちゃった、っていう人は私に言ってくれたら作り直しますからね。そして生徒手帳を忘れてきちゃって今日はカードがない!っていう時にも、カウンターで学年と組と名前を言えば本を借りることができます。友達のカードを使って本を借りるのは絶対にしないでね、トラブルの元です。」とか、「本は左から右に向かって並んでいます。右から左じゃないよ。そしてざーっと見ていって、本棚の壁のようなところにぶつかったら、下の段にいって、また左から右に向かって並んでいます。よく上の一段だけをずーっと横に見ていく人がいるけど、それでは探しているジャンルの本をかなりすっとばして見てることになるからね。」なんて風に話すのです。それに加えて日本十進分類法(NDC)の説明、それを知っておくと一生便利なのはなぜか、この図書室ではNDCにしたがってどんな風に本が配置されているのか、百科事典や国勢図会はどんな時に役に立つのか、本をてきとうな隙間に戻してはいけないのはなぜか、などなど。

「これだけは伝えておきたい」ということがたくさんあって、これ以外にも、「ここにある本は『学校の本』だから、誰かが自分だけのものにしてはいけません。」とか、「この図書室には、ゆっくり読みたいけれど、借りるのはちょっと恥ずかしいな、と思うような本もあると思います。でも図書館や図書室で働く人は、誰がどんな本を借りているか、というのは、決してじろじろ見ないし、見えてしまっても、ほかの誰かにそれを言うことは絶対にありません。だから安心して借りてくださいね。」という話もします。

とにかく色々言いたいことはあるけれども、なんとか35分くらいで話を終わらせて、あとの10分で本を探してもらって、貸出をする。どのクラスの子もたくさん本を借りてくれました。本当にほっとしました。

 

図書室なんて、本が好きなごく一部の生徒しか来ないところ、と勝手に思い込んでいましたけど、私が働いているところでは決してそんなことはなく、たくさんの子ども達がやってきます。特に昼休みはどっと来るから、静かに本を選びたかったら朝か放課後おいで、と言っています。本を読むのは楽しい、本を借りるのはダサいことじゃない、という空気が、私が働き出す以前からあるように思います。これまで担当してこられた先生方や先輩司書さんのおかげだし、地域の図書館の力もあると思います。ありがたいことです。

角田光代さん訳の『源氏物語 上』も、あまりの分厚さにみんなおののいていましたが、装丁が美しいからかよく手に取られていて、おとといついに「借ります!」という生徒が現れました。「そのうち『中』が出ます、待っててね」と私が言うと「すげー、普通『下』だよね」と言ってちょっと嬉しそうにしていました。よかったよう。

超大型な『世界の夢の図書館』も、きっと誰も借りないけれどみんなに眺めてもらえたらと思って置いておいたら、なんと借りて帰る生徒が現れました。中学生の荷物ってめっちゃ重そうなのに!

 

仕事の時間が短縮され、4月中にやりたかったことが全然できていないけれど、こういう良い流れは、なんとか持続させられたらいいなと思っています。

 

そして私が最近読んでいるのは『転んでも、大丈夫』という、義肢装具士の臼井二美男さんの書かれた本です。とても良いです。あと『真夜中のディズニーで考えた働く幸せ』という鎌田洋さんの本も良かったです。いずれ生徒たちに紹介したいと思っています。大学のレポートのために読んでいるのは『あの会社はこうして潰れた』という本。なんでも頑張って読むよ私は。

息子と一緒に読んでいるのは『たのしいムーミン一家』です。「ムーミン谷の舞台はどこか」という話がありましたが、『ムーミン谷の彗星』の中には、「日本の読者のみなさんへ」というトーベ・ヤンソンさんからのメッセージがあり、「親愛なる日本の読者のみなさん、フィンランドにあるムーミン谷は、たぶん、あなたが思っているほどあなたのところから遠くへだたってはいないのです。とくに、わたしたちのようにおたがいの国のおとぎ話を読みあっていて、お話がほんとうのことだと信じる者どうしにとってはね。」と書いてあります。この文を本当によくよく読めば、フィンランドがマルでそれ以外がバツ、と、試験問題にすること自体が間違いであった、と気づくのじゃないかしら。

 

息子はこないだクラスで羊の毛刈りをしてきたようです。羨ましい…。筍を掘って若竹煮を作ったり、本当に楽しそうです。「瀬戸内海に大きな橋があって、その下の急な流れがぶつかるところで育ったわかめだから、特別美味しいんだよ! 袋に『あたらしい』の『あたら』と『もの』って書いてあったんだよ! ふた袋も使ったんだよ!」と話していました。よっぽど美味しいわかめだったのでしょう。「3回はおかわりしたよ!」と。刈った羊の毛はみんなで洗って紡いで毛糸にするのだそうです。羨ましいぞ。

 

さあ働こう。レポートも書かなきゃ。

皆さまも良い一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
みんなが笑顔でいるためには

久保さん、皆さん、こんにちは。

 

日に日に、ベランダのブルーベリーの花が少なくなっていきます。ヒヨドリが食べているのです。彼ら、まったく遠慮がない。大声で仲間を呼んで5羽くらいでつつこうとするので、見つけ次第「だめよ」と脅します。息子は「おりゃー!」と言って追い払った後、「よっしゃー!」と指を立てるので、「それはやめて」と注意しています。品がないからね。

 

最近覚えた団地の草木。イロハモミジ、ハナニラ、クリスマスローズ(地味すぎて今まで気がつかなかった)、馬酔木(アセビ)、ハナカイドウ、花蘇芳(ハナズオウ)、ツワブキ、ユズリハ。サツキも咲き始めました。

ベランダではヒョウタンボクの白い花がきれいです。マジカルミラクルというバラがものすごい勢いで伸びています。不思議な寄せ植え(寄り生え?)も元気です。シダ類、アメジストセージ、サルスベリが仲良く共存しています。もう一種類名前の知らないものが生えてきています。もう少し暖かくなったらアサガオも芽を出すでしょう。

我慢しきれずにインゲンの苗を注文してしまいました。ミニトマトの苗ももうすぐ届くはずです。

なんと団地の管理会社が、「グリーンカーテンを作りませんか?」とゴーヤの栽培セットを希望者に提供してくれる(タダで)そうで、本当はそれも欲しいけれど、洗濯物を干す場所がなくなってしまうので、あきらめました。

 

私も夫も、必死に働いているのに仕事がまわらない感じでいつもぜいぜいしているのはなぜだろう、なんかおかしいぞ、と近頃思います。

私の場合は経験不足で要領が悪い、というのもあると思う。だけど勤務時間を減らされたら当然提供できるサービスの量も減るのです。それでもみんなが笑顔でいられるような(みんなというのは学校の生徒たちも先生たちも私の家族も)仕事をするにはどうしたらいいでしょう。悩みます。

あと、多くの人がとっても真面目に働いていると思うんだけど、私の雇用主も夫の雇用主も「お金がなくて人が増やせない」と言うのはどうしてなんでしょう。どうして真面目に働いてもみんながハッピーにならないのでしょう。おかしい。

 

息子は新学期がはじまり、遠足に行って、みんなで草摘みをしたのだそうです。それで、昨日おとといは摘んできた草でヨモギ団子を作ったり、ノビルの醤油漬けを作ったりしたそうです。ヨモギは天ぷらにもしたんですって。「のりの天ぷらみたいでおいしかった!」と言っていました。天ぷらのころもはみんなで作ったけど、油で揚げるのは先生がやってくれたのだそうです。先生、お母さんみたいです。

 

息子と一緒に読んでいる『シェイクスピアはどこ?』ですが、最終回の今日はいよいよ『ハムレット』です。楽しみ。

 

さあ勉強します。

 

皆さまも良い一日をお過ごしください。

 

| 日々 |
そこに見えるのはナンキンハゼ

久保さん、皆さん、こんにちは。

 

今日は風が冷たい奈良です。

目も痛い。花粉症というほどではないけれど、今日のような日はやられてしまいます。

 

団地の中に、いろいろな種類の木が生えているので、せっかくだから覚えていこうと、毎日ちょっとずつ名前を調べています。こういう時ネットは便利だなあ。

少し前に咲いていたのはボケ、ユキヤナギ、トサミズキ、ソメイヨシノ、レンギョウ、今は八重桜、紫木蓮、ドウダンツツジ、イズセンリョウ、藤、沈丁花、ハナミズキ、山吹。寒い時期からずっと咲いているのは椿。

家の南側に植わっているのはナンキンハゼ。北側に植わっているのはカツラ、サルスベリ。集会所の周りの大木はメタセコイア。

やっとここまでわかったけれど、まだまだ名前のわからない樹木がたくさん植えられているのです。

古い団地ですけれど、最初にこの庭といいますか、植栽を考えられた方はすごいなあとつくづく思います。どんな思いで「ここはトサミズキ」「ここはメタセコイア」と設計されたのでしょう。そして何十年も経った今の姿を、たまにご覧になることはあるのかしら。

 

この間は息子と「行ったことのない駅に」と旅に出て、「大和八木(やまとやぎ)」という駅まで行ってきました。大和八木までの電車内でまず息子は大興奮。「ぼく立ってる」と行ってずっとドアにへばりついて窓外の景色を眺めていました。大人はつい「なんてことない」「なんにもない」と言ってしまうような、そんな景色も、息子にとっては新鮮だったようです。

大和八木駅は、鳥羽や名古屋までつづく特急が走っている駅です。駅の中にパン屋さんがあったのでそこでパンを買って、名古屋方面行きのホームの椅子に座ってそれを食べながら何本も電車を見送りました。息子は連れて行ったくまのプーさんのぬいぐるみ(彼は豊田市美術館に行く時置いていかれたのですねていた)をカバンから出して、あんぱんを少しあげていました。

初めて見る路線図や、初めて見る特急列車に息子はいちいち喜んで、「ありがとうねあーちゃん、ありがとうね」と言っていました。

 

息子は3年生になりました。去年の春も一昨年の春も、私がバタバタしていて入学も進級もたいしてお祝いをしてあげられなかったので、今年はできるだけ隙間を見つけて息子と一緒に遊ぼうと思っています。

とはいえ頭を使う遊びはお断り、といつも言っているので、かるたやすごろくなどをしています。今日は息子に教えてもらって「まわり将棋」というのをしました。「これならあーちゃんもできるよ」と励まされ。

 

夜寝る前には『シェイクスピアはどこ? お芝居の中に隠れているよ』という絵本を一緒に読んでいます。シェイクスピアの作品の中から、『お気に召すまま』『テンペスト』など有名な10作品が集められており、あらすじを読んだ後に細かな絵の中からその作品の登場人物をさがす、という絵本です。シェイクスピア本人も絵の中に紛れています。とても面白いです。

息子の学校では8年生が演劇でシェイクスピアをやるようなのです。去年の8年生は『十二夜』を上演していました。みんなすごくいきいきと楽しんで演じているように見えましたが、やはり思春期ですからそれまでの道のりは大変だったのだそうです。でも本番は素晴らしかったです。そして全て音楽は生演奏なのがなんとも贅沢だなと思いました。見事な道化役の生徒が見事なチェロも聞かせてくれたりします。息子は「ぼく8年生になってもあんなことできないよ」と言っていました。

まあそんなこともあって今は『シェイクスピアはどこ?』を楽しく読んでいます。

 

私自身の読書はというと、通勤時の『チボー家の人々』をちょっとお休みして、大学の勉強として企業経営に関する本を読んでいます。『百年のしごと』という本がとても面白いです。百年以上続いている会社がいくつも紹介されていて、それぞれ何を大切に経営をされてきたのかが語られています。これは人生訓とも言える。

 

さあ夕飯の支度です。

皆さまもどうぞ楽しい夕刻を。

 

| 日々 |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE